アイコスとプルームテックの違い〜その2

アイコスとプルームテックの違い〜その2

アイコスよりも、ちょっとカジュアルな雰囲気のあるプルームテック。
味は今のところ3種類あります。

 

個人的に、一番の違いは充電時間と持ちの長さだと思っているこの2つ。

 

アイコスは充電時間が短いので持ちも短い。
対するプルームテックは充電時間が長い代わりに持ちが長い。

 

一度充電したら、毎日1箱以上吸う人でなければその日1日は持つかと思います。

 

あとは金額ですね。
プルームテックは5000円前後ですが、アイコスは1万円前後。

 

ただ、口コミを見た印象は、味はアイコスの方が本格的というコト。。やはり金額はモノを言うのかもです。

 

電子たばこについて錯覚を起させる

たばこを禁煙した人に勧めたいのが、電子たばこ。
煙は、出るから吸った気持ちを感じれる点がグッド。

 

お金って、かかりますがでも健康被害も少なそう。
禁煙をしている気持ちには、慣れるし、減らないところがポイント高いです。

 

ヘビースモーカーならお金もたまって行くので、貯金自体が増えてくれるポイント高いです。吸った気になれるかどうかになれるかが禁煙につながればこっちのもん。

 

たばこをやめれるようになると、貯金がたまって健康になれそうでいい。友達も喜んでくれると思います。

 

女性でも、煙草嫌いの人が増えてますが、喫煙できたらこっちのもん。
たばこを吸う人は、付き合えないっていう女性も視野に入れてアプローチ出来る点なんです。

 

たばこを吸って、癌になる確率が吸っていない人の数倍なると一般的に言われています。たばこって、ストレス解消になったりするし将来的に1箱の値段1000円近くなるとも言われています。

 

その準備のために、電子たばこはとっても便利だったりします。

 

 

アイコス新型と恋愛論

 

新型アイコスも登場しましたね!
その名も、iQOS 2.4Plus。充電時間も減って、ビジュアルがちょっとかっこよくなっています。

 

最近では、ヤフオクやメルカリでも旧アイコスが販売されていますよね。

 

実は最近、ファミマのカフェラテデビューした管理人です。
(qualityに感動)

 

これからは、電子タバコiQOS(アイコス)とは関係ないですが、自分なりの恋愛術についてシリーズです。

 

職場の女性と友達になる方法

 

一般的に、友達関係から恋愛に発展させる方法を今までの経験から伝授します。
同じ職業だと、まずは仲良くなるのが第一ステップ。

 

女性に興味をもたれる作業から始めないといけないからです。一般的に女性とは外見から興味をもたれることが非常に大いいからなんです。

 

生理的に合わない人とは、仲良くなれないと感じるし世の中でデブ専門の人もいます。
仲良くなるにも話してみないと相手がこの人面白い人であってどういう人なのかを知りたいからなんです。

 

お互いに信頼関係を築かないといけないからです。
かつ、仕事ができる男性は、女性のほうから話しかけてくれます、やっぱデキる男は強し。

 

仕事ができない男性とは、興味をもたれないことも。
飲みが好きな人は、どんなお酒を好きか党をあらかじめチェック。

 

ワタミ等の居酒屋だったり、おしゃれな創作料理店が好きな人など木の実は様々。
仲良くなったら、一緒に飲みに誘うと、相手の反応が分かります。

 

女性が興味を示したらチャンス

 

遊びに行って、楽しかった一面を見ると女性は一気に食いついて来ます。友達から付き合うまでって、時間がかかるのは少ないこともあります。

 

相手のスキンシップを目安にしている人もいるかもですが、だからといって女ゴコロは分かりませんので悪しからず。
ただ、飲みに行って、遊んで相手のことを理解できて付き合ってみたい人だとわかったら付き合いに発展するケースもあります。

 

イメージと違ったと言われたりしたら嬉しいですね。

 

ただ、友達関係をずっとやっていたら、恋人に切り出すタイミングのほうが難しいと感じたりします。

 

しかも、告白するタイミングが一番重要なんです。男性は、積極的になったほうがいいと感じています。相手が告白してくるのは、ほんの1割程度だと思います。

 

女性が興味を示してきたら、良かったら友達からでもいいので付き合ってもらえませんかって、セリフは各地る高いです。

 

何度か遊ぶうちに好感度がアップする場合もあります。
(そういえば、スクールガールストライカーズとかバトルガールハイスクール、ソードアートオンライン ホロウリアリゼーション等、最近のゲームでは「好感度」なる数値もあったっけ。)

 

ただ、相手がタバコOKかどうかは致命的です。
いくらiQOS(アイコス)とはいえ、ニオイが気になる人というのはいるからです。

 

 

スポンサードリンク

このページを見た方に人気のある記事