ニコチンの量を徐々に減らしていく方法・アイデア

ニコチンの量を徐々に減らしていく方法・アイデア

EMILI miniで禁煙しよう!と思っている人もいると思います。
エミリミニもオススメですが、その他の禁煙方法・ニコチンを減らすベタな方法を紹介してみます。

 

ニコチンの量を徐々に減らしていく方法

それまで習慣になっていると、いきなり禁煙はなかなか難しいですよね。
そういう時は、ニコチンの量を5→3→1mgと段階的に少なくしていくというのも一般的で成功している人がいる方法です。

 

そのためには

 

味を変えてみる

比較的ニコチンの量が少ないケントスーパーライトメンソールなんかに変えるのも一つの手です。
メンソールが入るので、ニコチンが薄いのをあまり感じなくてすむんですよね。

 

だんだん本数を減らしていく

1か月ほど1日の本数を減らし、1日10本くらいのペースに落としたら、あとは一気にやめてみるのもありです。

 

まずは持ち歩かないようにして、1日2?3本に減らします。

 

ニコチンのあるガムを使ってみる

そして、ニコチン含有のガムをこの期間に試すのもいいと思います。ガムで我慢というやつです。
うまくイケば、3日ほどで煙草もガム無しでもいけるようになります。

 

子どもに指摘してもらう

お子さんが家にいる方は、子どもに言ってもらうという方法もあります。
子どもにお願いされたら、友達やパートナーよりも頑張るしかないという感じになります。気力です。

 

仕事の効率のためだけに吸っていたら、禁煙なんて脳裏に浮かびもしないということだってありますが、子どもの健康のため、と思うとまた一味違ってくると思います。

 

タバコ嫌いな人と付き合ってみる

ガテン系だと、現場への行き帰りの車内はみんなタバコを吸っていて車内の壁が茶色に…なんてこともありますよね。

 

いわば、タバコがあるのが当たり前という状態です。

 

そんな時には、タバコがキライな人と付き合ってみるというのもアリかもしれません。
好きな人やパートナーがタバコ嫌いだと、禁煙を後押ししてくれますよね。

 

タバコの臭いがキライな人って、歯に式を沈着しなように磨いても服に消臭スプレーをしてもバレちゃうんですよね。

 

だから、だんだんと吸わなくなるということもあります。
気づくと禁煙できていたなんてこともありますよ。

 

少しずつがポイント

ダイエットと同じように、短期間で一度に痩せようとすると失敗しやすい気がします。
長い期間で考え計画的に徐々に減らしていくという方法がオススメです。

 

下記は、1日20本吸っていたヘビースモーカーがこの方法で喫煙できたという人の禁煙方法です。

 

だんだんと減らしていく具体例として、最初の一ヶ月は20本から15本、次の月は10本で過ごすという感じです。

 

このペースだと、4カ月後には0になる計算なのですが、禁断症状もなくすんなり成功したという体験談も読んだことがあります。

 

ダイエットの食事制限と同じ感覚で初めは苦痛かもですが、次第に苦痛感が軽減されてきます。
一度禁煙できたら、タバコ代もかからないのでいいですよね。

 

ちなみに、メンソール1ミリと、エミリミニのアイスミントはけっこう感覚が似ている感じという人が多いです。

 

「喉にくる感じとか煙の感じも」似ているという口コミもあったので、メンソール1ミリを飲んでいる人にもいいかもしれません。

 

シャドウバース面白いけどもっと色々したい
シャドウバースは、カード数がまだ少なく、なおかつリーダー別に使えるカードが決まっているのが少し残念な感じがあります。
慣れてくると、コンセプト毎にデッキ構成が似通って各プレイヤーによる個性が薄れてしまう点が惜しい。
戦闘が始まると、色々と気をつける部分や考えることは多いのですが、デッキ編成の段階ではある程度練れたらそれまで!という感じが否めない。
初心者だと、所持カードの種類も少なく、ドロップしたカードの一枚一枚に一喜一憂できるくらいには楽しめるのですが、このままっだと遠くない未来に飽きそうな予感もあります。

 

今の時代、ネット上にあらゆる情報が満ちており、強いデッキの構成がコンセプト毎に確認できてしまいます。
ただ、シャドウバースでデッキを組む上で、イチからアレコレ考えてデッキをねっても、何だかんだで組みあがったものは攻略サイトで紹介されているようなものに近い仕上がりに…なんてことがあったりします。
カードゲームにおける一番の楽しさはやっぱり悩み抜いて自分だけのデッキを構築するところ。

 

長い人気を誇るカードゲームは、そのあたりのカードの種類や強弱バランス、課金具合やイベントの使い方などの運営のサジ加減がうまいのだと思います。
シャドウバースは、よいゲームなだけにその重要なシーンを蔑ろにしたままではもったいない。
現在のある程度安定した形を崩すのはリスクかもしれませんが、更なる飛躍の為に危険を冒してみてほしい、なんて考えています。"

 

 

 

スポンサードリンク

このページを見た方に人気のある記事