遊戯と海馬双方に関係するカード

遊戯と海馬双方に関係するカード

遊戯と海馬が戦った時や、ともに関係するカードを紹介します。

 

暗黒騎士ガイア

最初期の遊戯VS海馬戦で使われた1枚です。
初登場時、遊戯のカードの中でも比較的ステータスが高くその存在感は凄まじいものでした。
必殺技「螺旋槍殺(スパイラル・シェイバー)」のかっこよさには今でも胸が熱くなります。

 

最近はこのカードのリメイクカードも数多く登場しています。遊戯王デュエルリンクスでもますます注目されそうなカートです。

 

地属性で戦士族の通常モンスター、アニメでは闇遊戯が好んで愛用していたカードでもあります。

 

アルティメットブルードラゴン

日本語で言うなら、青眼の究極竜。
海馬が遊戯とのデュエルで初めて出した時に、ブルーアイズよりも格好良く見えました。攻撃力もブルーアイズの1.5倍で、後々に登場する神のカードよりも高い4500に当時は興奮しました。海馬のパートナーはやはりブルーアイズ一択です。

 

光属性でドラゴン族。
青眼の白龍を3つも使って融合召喚するという、かなりスペシャルな融合モンスターです。当然、ブルーアイズホワイトドラゴンラブな海馬のデッキでもトップのカードとなっています。

 

アルティメットバーストの攻撃は、かなりの爽快感まちがいなしです。

 

超魔導剣士−ブラック・パラディン

バトルシティ編の遊戯対海馬戦で遊戯が海馬に止めをさす時に使った融合モンスターです。
当時、現実の遊戯王カードでドラゴンキラーと呼ばれている程ドラゴン族モンスターに有効な効果を持っているから好きとか、剣士系モンスターでカッコイイから好きというわけではありませんでした。

 

その回のこのモンスターを使った勝利の仕方がそのカード1枚に頼り切った勝利ではなく、モンスターの攻撃回数を増やす「拡散する波動」などの魔法カードを組み合わせて足りない部分を補うことで勝利したことがとても印象的だったからです。

 

そして、この回を見て以来、現実の遊戯王カードでカード同士の組み合わせを大切にするようになったモンスターでもあります。

 

闇属性、魔法使い像の効果モンスター。
特殊召喚の方法は、ブラックマsジシャンとバスター・ブレイダーの融合召喚をすることのみというスペシャルなカードです。

 

闇遊戯vsヴィヴィアンのアニメ限定ストーリーでも出てきています。
攻撃名「超・魔・導・烈・波・斬」(超魔導無影斬)はスーパー印象的だった人が多いはずです。

 

オベリスクの巨神兵

イシズから海馬、海馬から遊戯に渡ったことで有名なモンスターです。

 

他の初代遊戯王の神のカードと異なり、唯一最初の攻撃力の数値が確定しているモンスターです。このモンスターの特殊効果「ゴッドハンドクラッシャー∞」はその名の通り、条件を満たすことでオベリスクの巨神兵の攻撃力を∞にする効果で他の神のカード達を圧倒している事が印象的です。

 

しかし、その効果は原作やアニメのみの効果で、現実のカードではゲームバランスを損なうということで再現されませんでした。それでも、人気なのは原作の重要な場面で使われることが多いからだと思います。

 

神属性の幻神獣族。
「ゴッド・ハンド・クラッシャー」を攻撃とし、効果は「ゴッド・ハンド・インパクト」です。

 

強いモンスター色々紹介/その2

F・G・D

攻撃力5000と最高峰のステータスを備えたドラゴン族融合モンスターです。それに加えて、融合素材がドラゴン族五体と指定されていることからも今の環境においてもかなりの緩い。以前までは未来融合と龍の鏡を利用され、猛威を振るっていたモンスターだが、除去手段が増えてしまった今の環境では、見る影もない。この5000という攻撃力に惹かれたのなら、あなたも立派なロマンチスト!

 

死者蘇生

カードバトルでカードが墓地に行ったら、死者蘇生で一枚だけ墓地から手札に戻す事が出来るので、凄く便利なカードです。死者蘇生を使うとこのカードは墓地に行きます。一番残念だったのは、相手に手札を数枚捨てられて、死者蘇生が使えずに墓地行きになった事です。出来たら、早めに使うと良いカードです。

 

サクリファイス

原作登場でのインパクトもさることながら、初登場した効果付き儀式モンスターかつレベル1という使い勝手のよさからいつの間にか専用デッキを組むようになりました。3積みできるサイクロンで簡単に割られようが、攻撃力?や0のモンスターなど弱点は多いですが、ハマった時の強さはピカイチだと信じています。最近は儀式サポートカードも充実してきているので、以前よりも使いやすくなりました。(ネクロスシリーズのとばっちりを受けて著しい弱体化を強いられた事もありますが…)

 

マジカル・アンドロイド

初登場時には数少ない、レアリティ「ノーマル」のシンクロモンスターとして注目された1枚。ステータスに優れ、効果にも汎用性があり、素材に制限もなく物凄く使いやすかった記憶があります。入手難易度も低く、多くの決闘者がお世話になったモンスターなのではないでしょうか。またアニメでは、ファンからも人気があるディヴァインが使用し、記憶に残っている方も多いと思います。

 

DDD神託王ダルク

遊戯王ARC-Vに出てくる社長ポジション、赤馬零児のデッキのモンスターです。DDDデッキの契約書カードによくある効果、自分が1000ダメージを受ける、というものをすべて、自分が1000回復する、という逆の効果にしてくれる心強いモンスター効果をもちます。そんなモンスター効果の効果名はライフ・イレイション。ちなみに攻撃名はオラクル・チャージ。DDDデッキを使うなら絶対に3枚入れたいモンスターカードです。

 

ブラック・ホール

相手のフィールドに居るモンスターカードを破壊する事が可能な制限カードです(通常魔法)。
しかも、コストがかからずに全面させることができます。

 

Myデッキに3枚「ブラック・ホール」を入れてた時があります。そして、多くの人がデッキに入れているカードでもあると思っています。一時は、禁止カードになったこともあるのも頷けます。

 

シャッフルして、手札に出たときは最高に気分が良いです。

 

ハーピィの羽根帚

ハーピィの羽箒は素晴らしいカードです。
ハーピィの羽箒は相手のフィールド上にある魔法のカード、トラップカードを全て破壊するんです。この相手の作戦を崩す事が出来るので、これも3枚ぐらいデッキに組み込んだりしています。

 

通常魔法の制限カードです。
効果が強いだけに、レア度や入手する方法も難しかったりするカードです。遊戯王デュエルリンクスでは、シリアルコードになったりするたぐいでしょうか…。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

このページを見た方に人気のある記事