チュートリアルプレイ

チュートリアルプレイ

初めて「遊戯王DUEL LINKS」をプレイしてみました。なんとボイス付きでした。
知ってはいたものの、いざリアルにボイスを聞いてみるとかなり面白い!

 

初期キャラは二人!

一番最初に選べるキャラクターは海馬瀬人か、闇遊戯。
バーチャル空間でトレーディングカードゲームをするのは不思議な感覚ですが、面白いです!

 

まずはチュートリアルから

まずはチュートリアルです。
遊戯王のプレイの仕方、フェイズについても説明されました。

 

スマホゲームならではの特徴としては、ドラッグアンドドロップでカードを場に出すことですね。
召喚したモンスターはカードの上でふよふよと浮いていました。

 

キャラクターのレベルがあがったり、ミッションをクリアするとカードや経験値をもらえます。
デュエル後には、デュエル評価もされます。

 

スコアが高ければ高いほど報酬をもらえるので、スコアをいっぱいもらえるように狙ってデュエルするのもテかもしれません。

 

もう現在大体どのゲームでもそうだとは思いますが、遊戯王でも同じく、レアカードを取得したい場合はガチャを回さなければなりません。
デッキを組むには不可欠ですね。
無課金でプレイ継続をしたい場合は少し厳しい戦いになるかもしれません。

 

メイン画面はマップになっています。
そこに出現した人をタッチして、デュエルを開始する仕組みになっています。

 

そういう部分は少しポケモンに似ているかもしれません。
コレクター魂を持っている方ならばガチャにあるカードをコンプするのを目標にするもよし、お友達となかなか対戦する機会がない方は暇つぶしにプレイするもよし、色んな楽しみ方ができるゲームになっていると思います。

 

まだ遊戯王を知らない方もプレイして楽しめる仕様になっているのでこれを機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

リセマラはどんな感じ?

ネットでは、早速リセマラランキングが色々出ていますよね。
遊戯王デュエルリンクスはリセマラできます。

 

狙い目は、もちろん最高レア度のUR(ウルトラレア)。
URが出たら迷わず終了でOKです。

 

モンスターカード、罠カード、魔法カードとありますが、人気どころはこんな感じです。

 

・アックス・レイダー(戦士族)
・クリボール(悪魔族)
・死の四つ星てんとう虫(昆虫族)
・自律行動ユニット(魔法カード)
・青眼の究極龍(ドラゴン族)
・幻想召喚師(魔法使い族)
・ジャッジマン(戦士族)
・ワンダーバルーン(魔法カード)
・ソニックバード(鳥獣族)
・ハネハネ(獣族)

 

…とこんな感じです。
また詳しく書いていこうと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

このページを見た方に人気のある記事