ロロノア・ゾロのここがかっこい!

ロロノア・ゾロのここがかっこい!

ここがカッコいい!

ワンピースの中でも、初期から活躍しているイケメン剣士。

 

普段は寡黙な男。
いつも寝ているか鍛えているかであまり喋らないゾロですが、麦わら海賊団の一味一男らしい男の人です。サンジの女性好きとは好対象を持っている硬派なところも魅力的です。

 

自分自身も強いのに、海軍基地で仲間になって以来ずっと、ルフィを船長と認めブレる事なく信頼し続ける姿にも感動します。
中井和哉による声優もいい味を出しています。しぶくて落ち着いている声が、ゾロの性格やカッコよさにマッチしています。

 

かたくなに剣士のプライドを守っているところがとてもかっこいいですよね。
あんな風に高いプライドを持って生きていけたら男としてしびれてしまいます。

 

ゾロの名場面

印象に残っているゾロの名場面をいくつか紹介します。

 

シェルズタウン

ワンピースの中でも初期の出来事ですが、シェルズタウンでゾロが捕まっている時に、ルフィが縄を解こうとしたらそれを止めたという部分があります。

 

なぜ?
紐を解いたら自分は自由になれるのに。

 

それは、自分が期限まであと少し捕まっていれば女の子(リカ)が助かるからです。書いてて、若干思い出しの感動で泣けてきそうです…!

 

バラティエでの戦い

鷹の目のミホークとの決闘の際「背中の傷は剣士の恥」と言って、ミホークからの攻撃を前から受けるところには男だけれど惚れそうになりました。男気がありすぎます。

 

ミホークに負けた時の誓いを守り続ける強さ。
どんな窮地に立たされようと、言い訳をせず己を追い込み高みを目指す姿。ルフィの為に野望を捨てて首を差し出す覚悟。

 

すべてがかっこいいよくて、男女ともに人気のあるキャラクターです。
あの場面は、一度見たら忘れられないのではないでしょうか。女性なら誰もがカッコよさを認めるだけでなく、男性でも「同じ男性としてしびれる、惚れた」という人が多いのではないかと思います。

 

「背中の傷は剣士の恥」以外にも、ゾロは様々な名言を生み出しています。
厳しく、けれど相手のことをよく考えた男らしい発言がよくあります。そういったしっかりした男前なところがあるかと思えば、方向音痴というなんとも愛らしい特徴も持っています。

 

ロロノア・ゾロの紹介

ワンピースのキャラクター「ロロノア・ゾロ」の紹介をしていきます。

 

おちゃめな一面も…。

いざという時には本当にクールでかっこいい、男顔負けの肝の座り方なのに、なぜか、普段は方向音痴なところがお茶目です。

 

普通、女性よりも男性の方が方向感覚はあるのですが、そんなギャップも素敵なゾロの魅力ですよね。人間味たっぷりだから、ワンピースのキャラクターは愛されるのかもしれません。

 

スポンサードリンク