ハイキュー原画展のグッズ売切状況と買う時のコツ/ドンピシャマッチ攻略

ハイキュー原画展のグッズ売切状況と買う時のコツ/ドンピシャマッチ攻略

ハイキュー原画展のグッズ売切状況と買う時のコツ
ひとつ前の記事では、原画展について書きました。
>>ハイキューアニメ原画展のチケットをお得にゲットするには

 

こちらの記事では、グッズの完売状況や人気状況について書いていきます。

 

人気グッズは売り切れ&完売になるぞ!

ハイキュー原画展では、人気アイテムは売り切れてしまいます。

 

グッズは日割り制!

グッズは「一日何個まで販売」というように日割り制になっています。
今日の分の個数がなくなったら販売終了、しかし明日にはまた復活しているということです。

 

グッズがほしければ午前中にいくべし!

なので、ハイキューグッズが欲しい場合は午前中にいくことをオススメします。
せっかく電車で時間をかけて遠くまでいっても、ほしいグッズが売り切れてしまったらテンションだだ下がりです。

 

展示会場にいったら、グッズ情報を1番に見るのもあり!

ハイキュー原画展にいったら、展示よりもグッズを最初に見るという方法もあります。確実に狙うグッズをゲットするためには、このくらいのことも必要だったりシます。

 

受注受付のある商品もアリ!

会場でグッズが売り切れてしまった場合、特大タペストリーのように受注制のところもあります。

 

後日に商品を送ってもらうヤツです。
ただし、受注対応がないアイテムもあるのでちゅういが必要です。

 

これまでに品切れ、売り切れしたグッズ

ハイキューアニメ原画展の公式ツイッターによって公開されている、これまでに完売したことのあるハイキューグッズです。

 

狙っているものがあるかどうか、参考にしてみてください。

 

特大タペストリーが1番人気!?

赤葦/黒尾/木兎/孤爪/日向

 

公式ツイッターでは、特大タペストリーが連日売り切れています。
特に、孤爪や黒尾、赤葦や木兎といったキャラの品切れが何度もつぶやかれています。

 

特大タペストリーの売り切れ分については、原画展会場で受注の受付があります。
が、その日の感動冷めないうちにほしいですよね。

 

となると、やっぱり午前中に原画展の会場入りする方がよいです。

 

アニメセカンドシーズンの原画や、初登場キャラについても展示されています。アニメでも漫画でも見れない部分を楽しめたりするので、ハイキュー好きなら逃さずチェックしておきましょう。

 

ハイキューアニメ原画展のチケットをお得にゲットするには

2016年はハイキューの人気ぶりがさらに増大しそうな年です。
ドンピシャマッチのリリースも控える中、3月からは全国でハイキューのアニメ原価展が開催されています。

 

撮影できる等身パネルもあるので、ファン必見の内容となっています。
※ただし、「写真撮影OK」と書いてある展示以外は撮影はNGです!

 

チケットについて

ハイキューアニメ原画展のチケットは前売り券がおトクです。
前売り券の場合は800円、当日券は900円です。

 

100円だけですが、あらかじめ買っておくほうが混雑もなくスムーズに入れて値段もおトクになります。

 

しかも、当日券は混雑状況が激しかった時には販売終了になる可能性もあります。確実に楽しみたいのであれば、前売り券を買っておくと安心です。

 

限定グッズ付きのチケットも!

今回の原画展では、限定グッズがついているチケットも販売されています。
グッズ付きチケットの場合は、前売り2000円、当日2100円になっています。

 

ハイキュー原画展のスケジュール

現状は京都と札幌の二箇所のみでの開催となっています。

 

京都での原画展

期間:2016年3月23日(水)-4月5日(火)
場所:大丸ミュージアム(大丸京都店6階)
時間:10:00-20:00(最終日は17:00閉場)

 

札幌での原画展

期間:2016年4月27日(水)-5月9日(月)
場所:大丸札幌店 7階ホール
時間:10:00-20:00(最終日は17:00閉場)

 

東京店も終わり、残す所、京都と札幌になってしまいましたね。
京都展では、京都録りおろしのキャラ声優さんによるキャストコメントも公開されています。

 

グッズについて

原画展では、イベント記念グッズも販売されています。

 

各キャラクターイラストが描かれたのアクリルホルダーやアクリルストラップ、巨大タペストリーや缶バッジ、クリアファイルやアクリルピンズやシール、トートバッグなんかがあります。

 

ただし、やはり人気の様子。
一人で買えるのは、1キャラクター1個までという制限付きのグッズもあります。

 

人気キャラクターは品切れや完売もかなりあるという状況なので注意が必要です。

 

 

 

スポンサードリンク

このページを見た方に人気のある記事