青鬼2攻略/「青鬼2」は初心者用、青鬼1が玄人用ぽいぞ

青鬼2攻略/「青鬼2」は初心者用、青鬼1が玄人用ぽいぞ

>>無料で倍速モードにする裏技<<

 

パソコン版の青鬼1の頃から大ファンでしたが、スマートフォン版が登場したので速攻やってみました。

 

スマホ版は、機内モードでも遊べます。

 

キャラクターはほぼ変わらず、ヒロシ・卓郎・タケシ・美香など、おなじみの子たちが多いです。
メインキャラの中では、「教師の先生」だけが新キャラになってます。

 

PC版はかなりむずかしくて怖くて面白かったですが、スマホ版は少しアッサリ目な印象。

 

簡単に問題の答えが分かってしまう「ヒント機能」の追加や、青鬼から逃げれずに捕まっても、もう一度生き返ると、そのルートからは青鬼は出ない仕様なためです。

 

この超親切仕様が、アッサリの原因というか、怖さ半減状態の一因。

 

あとは、青鬼の姿形を変えられる「青銭」ガチャシステム。
むしろ可愛いので、愛着が沸いて集めたくなってきます。

 

謎解きギミック自体は、後半になるほど練られていて面白い。
キャラクターごとに独自のシナリオがあり、話が練りこまれている感じです。

 

ドキドキはしますが、そこまで難しくないので小学生でも楽しめる仕様かと思います。

 

結論、青鬼2は初心者用、青鬼1が玄人(慣れた人)用という感じで、パソコン版の青鬼1をやった事のない人がいるなら、是非こちらもおすすめしたいです。

 

ひろし編に続くはたけし編。
HIKAKIN編(ヒカキンさん)バージョンだったりと、色々プロモーションが面白いです。

 

そのうち、はじめしゃちょーも青鬼の登場人物になるかもですね。
SNSでの口コミも好評な感じなので、青鬼3が出るのも時間の問題かなと見ています。

 

青鬼の裏技
実は、青鬼2には裏技的な楽しみ方があります。
はじめしゃちょーの動画を見た方はご存位だと思いますが、プレイヤー名を最初に「ヒカキン」に設定するというアレですね。

 

ヒカキンさんの、あの眼鏡の顔をした青鬼(もはやヒカキンさん以外の誰でもないが…)でプレイを楽しめます。

 

 

 

スポンサードリンク