Roll the Ball slide puzzleのコツと注意する点

Roll the Ball slide puzzleのコツと注意する点

2015年5月のリリースされたアプリ「Roll the Ball slide puzzle(ロールザボールスライドパズル)」。

 

最近になって、人気が急上昇していたのでプレイしてみました。

 

パズルゲームといっても、ピースをつなげて消すタイプではありません。

 

ボールのスタートとゴールだけが決まっていて、間の道を上手につなげていくというもの。

 

 

正直、最初の方は難しくありません。

 

でも、これまで3マッチマズルやテトリス系に慣れているとちょっと新鮮。

 

頭の使う所が違うという感じです。

 

スポンサードリンク

 

基本のルール

スタート地点にあるボールをゴールまで持っていける道を作るのがRoll the Ball slide puzzle(ロールザボールスライドパズル)。

 

1つのブロックは上下左右に動かせます。
回転は基本できません。
(ある程度クリアしていくと回転できるブロックも登場しますが、最初のうちはできません。)

 

ゴールまでのキレイな道が作れると、ボールは勝手に動き出します。

 

無駄のないBGMと、動かした時の「カチカチ」とした音が個人的に好印象。

 

 

最初は制限時間がありませんが、レベルアップするにつれて時間制限のあるステージも登場していきますよ。

 

画面の見方

英語表記なので、一応画面の見方を書いておきます。
画面左上にある英語表記とその意味はこうなっています。

 

Move/ムーブ
これまでに動かした回数

 

Target/ターゲット
1番少ないクリアできる回数

 

Best/ベスト
これまでの成績

 

三ツ星クリア条件は、Targetの回数でクリアすること。
つまり、出来る限り少ない回数でボールをゴールまでつなげるということです。

 

数学的な美学でいえば、いかにシンプルであるか。
数学は、いかにシンプルで単純であるかに「美」を見出す学問でもあるので。(という私は、数学全然ニガテでしたが…)

 

ただ、クリアするためには三ツ星でなくてもOKです。
何度動かしても、ボールをゴールまで持っていける道を作れたらOK。

 

イキナリ星3つは難しいので、ムーブ回数が多くなってもまずはゴールするのを目標にプレイしていきましょう。

 

灰色ブロックは使う?

レベルが進んでいくと、茶色い木のブロックではなく灰色のブロックが出てきます。
スタートと同じ色のブロックです。

 

 

こういうやつですね。
灰色のブロックが出てきたら要注意。

 

ゴールまでの道のりで必要な時もありますが、まったく使わない時もあります。
不要なまやかしブロックという場合もあるんです。

 

必要なときもありますが、必ずしも「絶対にないとゴールまでの道のりが作れない」というものでもないのです。

 

これは、頭の片隅に入れておくと役立つかも知れません。
広告はありますが、無料ゲームなのでそこは許容範囲。

 

ステージは「Basic(ベーシック)」以外にも「Star(スター)」や「Mocine(ムービング)」、「Rotation(ローテンション)」があります。

 

意外にもオンライン対戦もあるのでやりこみ度はバッチリ。
まだやりこみ度が少ないので、進展や新たなコツなどがあったら書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

このページを見た方に人気のある記事