オトドロで今すぐ使える・ハイスコアのコツ!オトモンドロップ

オトドロで今すぐ使える・ハイスコアのコツ!オトモンドロップ

>>ゼニーセットを無料で増やす方法

 

11月半ばにリリースされた「オトモンドロップ モンスターハンターストーリーズ」。
アニメ「モンスターハンターストーリーズRIDEON」が原作、パズルゲームとしてリリースされました。

 

 

プレイヤーはモンスターハンターシリーズでお馴染みのモンスター(オトモン))を編成し、様々なクエストをクリアしていくのが目的です。

 

ゲームの全体像:オトモンを3つ揃えて消そう!

盤面にオトモンのアイコンが並んでおり、オトモンを入れ替えて3つ繋げるとオトモンを消せます。いわゆる3マッチパズルゲーム。

 

敵モンスターを消して

編成しているオトモンの顔を消すとそのオトモンが攻撃をします。
攻撃させたいオトモンがいる場合はそれを消せばOK。

 

HPが0になるとクエスト失敗。
こちらがクエストをクリアする条件は相手のモンスターを全て倒すこと。

 

クエストをクリアすればプレイヤー経験値、オトモンの経験値、報酬など様々なアイテムを獲得する事が出来ます。

 

これを繰り返してクエストを進めていくのが主な目的となります。

 

オトモンゲームルールを簡単に紹介

11月半ばにリリースされた「オトモンドロップ モンスターハンターストーリーズ」。
アニメ「モンスターハンターストーリーズRIDEON」が原作となっており、パズルゲームとしてリリースされました。

 

プレイヤーはモンスターハンターシリーズでお馴染みのモンスター(オトモンドロップ内では「オトモン」と表記するので、次回以降からオトモンとします。

 

また、敵は敵モンスターとします)を編成し、様々なクエストをクリアしていくのが目的です。・ゲームのルール盤面にオトモンのアイコンが並んでおり、オトモンを入れ替えて3つ繋げるとオトモンを消せます。

 

編成しているオトモンの顔を消すとそのオトモンが攻撃を行うので、攻撃させたいオトモンがいる場合はそれを消せばOKです。

 

敵モンスターに表示されている「あと3」などの数字は、敵が攻撃してくるまでのターンを表しています。
1ターンの数え方は「プレイヤーが1回オトモンを消した」時点で1ターンとなります。数字が0になると敵モンスターが攻撃を行い、こちらのHPが減少します。
HPが0になるとクエスト失敗となります。こちらがクエストをクリアする条件は相手のモンスターを全て倒すこと。

 

クエストをクリアすればプレイヤー経験値、オトモンの経験値、報酬など様々なアイテムを獲得する事が出来ます。これを繰り返してクエストを進めていくのが主な目的となります。

 

ターンの数え方

敵モンスターに表示されている「あと3」などの数字は、敵が攻撃してくるまでのターンを表しています。

 

1ターンの数え方は「プレイヤーが1回オトモンを消した」時点で1ターンとなります。
数字が0になると敵モンスターが攻撃を行い、こちらのHPが減少します。

 

攻略のコツ

最初は簡単でも、だんだんと難易度を上げてくるオトモンドロップ。

 

下のピースを狙うべし!

ピースはどんどん降りてくるのですが、下の方のピースを狙って消すほうがコンボにつながりやすいです。
ただ、これはオトドロの画面でも出てくるので有名な方法。これ以外のコツやハイスコアのためのバトル方法を下でまとめていきます。

 

コンボをつなぐべし!

ハイスコアのために1番重要なことは、まずはコンボです。
コンボをつなげれば、オトモンの攻撃力が高くなります。
攻撃力は、敵モンスターをたおすための重要な要素。パズルはコンボ重視で組み立てていきましょう。

 

スペシャルピースを出そう!

4つ以上のピースを同時に消すと「スペシャルピース」が生まれます。
横のピースをすべて消せる「よこ消し」やタテのピースをすべて消せる「たて消し」などが1番出やすいですが、この他にも「おたすけナビルー」や「まわり消し」などがあります。
ハイスコアを狙うなら、コンボをつなぐと同時にスペシャルピースも狙っていいましょう。

 

敵モンの弱点の絆技を活用すべし

相手が苦手とする絆技を使った時の効果は大きいです。
睡眠中に使うのも、ダメージが2倍となるので効果的。最初はコレを知らないかもしれませんが、知ったからには積極的に使っていくのがオススメです。

 

スキルは最初に使うべし!

バトル中にスキルを使うとコンボが終わるので、スキルは最初に使っておきましょう!
スキルは積極的に使う!といってもタイミングが重要。

 

以上!
まだありますが、とりあえずは最初の段階で知っておきたい、簡単に使えるハイスコアのコツなどをまとめました。

 

この他にも装備や防具、リーダーには属性の絆技があるオトモンを採用するなどがありますが、これから書いていけたらと思います。

スポンサードリンク