罪と罰シリーズ攻略/プレイの所感

罪と罰シリーズ攻略/プレイの所感

>>課金アイテムを無料で増やす方法

 

推理ノベルゲーム型ミステリーアドベンチャー「罪と罰」のゲームについて書いています。

 

遊び方

罪と罰という小説もありますよね。
知っている人は、小説か何かかと思いますが、実際はスマホゲームです。

 

文章を読んで、矛盾点を探し出すゲームです。
プレイする人は探偵役、事件の中でおかしな部分を見つけていきます。

 

見つけるといっても、「怪しい」キーワードをタップするという簡単な方法。

 

いわゆる推理ゲームともいえそうです。
推理小説やミステリーが好きな方はのめり込めるはず。

 

内側にいるなら、ドアは外側に開くはずなのに?とか、そういう感じです。

 

1つの文章もあまり長くないので、気軽に取り組むことができます。
意外と凝ったものが多く、無料の割にボリューム大。

 

たまに納得できない解答部分は、目をつむっています。

 

ヒントは3回まで!

3回のみヒントを参考にできます。
行き詰まった時には要チェックです。

 

広告は多し!

ただ、広告が多いのは気になります。
3回に1回ぐらいの割合で広告が出てきてしまいます。

 

ヒントを3回以上見ようとしたり、スキップして次のステージに進もうとするときも広告動画を見る必要が。

 

繰り返し出るのでちょっと鬱陶しいですが、そこは無料なので仕方ないかもです。

 

1つのお話に無制限で解答できるのも、ちょっと気になる所。
最悪全て1つずつクリックしていくという方法で解決出来てしまいます。

 

どうしても解決できない場合の最終手段ですが、かなり原始的な方法ですね…ww

 

罪と罰シリーズは3まで出ています。
ちょっとした暇つぶしとして脳トレ感覚で楽しめるタイプのゲームです。

 

罪と罰シリーズ

シリーズ1/ショートストーリー110個
【謎解き】罪と罰-ノベルゲーム型 推理アドベンチャー

 

シリーズ2/100問
罪と罰2 -犯人は誰だ!?- 謎解き推理ミステリーサスペンス

 

シリーズ3/全60問
【謎解き】罪と罰3/推理ノベルゲーム型ミステリーアドベンチャー

 

微妙に統一感のないタイトル…。
ですが、3作目の難易度が一番高いと公式ではうたっていますが、問題の完成度が高いだけに、逆に今までで1番解きやすかったという人もいるようで…。

 

 

スポンサードリンク

このページを見た方に人気のある記事