彩独2(Blendoku2)攻略/ちょっと変わったパズルゲーム

彩独2(Blendoku2)攻略/ちょっと変わったパズルゲーム

色彩感覚が試される!ちょっと変わったパズル/彩独2(Blendoku2)

 

 

彩独2(Blendoku2)はカラーパレットを完成させるパズルです。
やっていくうちに不思議な気分になるこのゲームを紹介したいと思います。

 

ちょっと変わった色彩パズル「彩独2」はこんなゲーム

 

 

ルールはすごくシンプルです。
指定されたパレットに、色のタイルを彩度の順に当てはめていくだけ。

 

この写真ですと、左のパレットに白いタイルがあらかじめセットされています。
残るパレットは4つ。
使えるタイルも4つ。

 

左から右に向かってだんだんと彩度を落として完成です。
もうひとつ見てもらいましょう。

 

 

色タイルはこのように指で引っ張っていきパレットの位置で離せば当てはまります。
一番左端にあるような「レ点」の付いているタイル以外は何度でも入れ替えることが出来ます。

 

スポンサードリンク

 

パレット数が増えると難しくなってくる!

 

 

色の数が増えると、色相のタイルが増えます。
ちょっと難しく思えますが、えのぐのパレットを思い浮かべて考えれば意外とできると思います。

 

一度も入れ替えをせずに完成させると『完璧!』の星マークがつきます。

 

 

プレイしている人たちの平均よりも早くクリアすると地球のストップウォッチマークがつきます。
『世界平均を超えた!』とか表示が出るとなんだかテンションあがりますね!

 

ここまでご紹介したのは入門1です。
チャレンジレベルは入門・中級・上級・最上級の4種類
入門1で少し進めたあとはどのレベルからでもチャレンジすることが出来ます。

 

 

最上級の問題はこんな感じ!

 

 

最上級1−99と最上級1−100の問題です。

 

動かせないレ点のパネルをヒントに、ばらばらにはまっているタイルを正しい配置に並べ替えます。
ちょいちょいっとはいかなさそうです!

 

最上級はさすがにじっくり取り組んだほうがよさそうです。

 

まとめ

最上級ともなれば少しじっくり取り組みたいところですが入門編は1分以内にできる簡単な問題がたくさん用意されています。

 

ひとつクリアすると、次々と色パレットを完成したくなること間違いなし!
色の微妙な彩度の差も見えるようになってきます!

 

ちょっとした空き時間に最適です。
是非一度Blendoku2の世界を体験してみてくださいね!

 

関連記事

>>彩独2(Blendoku2)攻略/モード紹介

スポンサードリンク