2048攻略/まとめていた時の感想

2048攻略/まとめていた時の感想

>>ゲーム課金を無料で楽しむ方法<<
※このページの内容は、ゲーム内容とは関係ありません。

 

少し前にゲームの攻略法を紹介しましたが、
最後の動画付きの攻略法はかなり再現性の高い攻略法になっています。

 

紹介した3つの基本的なルールを守って何度もトライすれば
遅かれ早かれ、じきに攻略できるのではないかと思います。

 

それ以外は単体のコツのようなものでしたが、
最後の攻略法は、ルール制限が3つありました。
「↑」は使わないこと、4列目を埋め、4列目で勝負にかけること。

 

 

一つだけの決まり事よりも、決まり事が多くあった方が
攻略する側としては、「楽」です。
選択肢に迷わないから。

 

 

一般的に人は、制限があればあるほど、選択肢に迷わないで「済み」ます。
選択数があらかじめ絞られていれば、迷う数が減るのは、当たり前の話です。

 

「制服」が良い例です。
毎日着るものが決められているので、「何を着て行こうか」と迷うことはありません。
せいぜい、夏服と冬服の移行期間に二者択一で迷うくらいかと。

 

でも休みの日や大切な人と合う日には、大体の人は着ていくものに「迷う」訳です。
選択数が多いから。

 

長袖半袖、黒か白か、はたまた青か。
素材はどっちがよいかな、小物はつけるほうが印象いいかな。
袖をまくるほうがよいか、そのままが良いか…。

 

その選択肢の多さを、「迷い」を
”楽しみ”と感じてオシャレを楽しみ自分を良く見せられる人もいれば
”苦痛”と感じ、実際以上に良くない印象を与えてしまう人もいます。

 

 

人の「生き方」然り。
現代日本では、「一応は」生き方の自由が認められています。
職業選択の自由、結婚の自由、学校選択の自由…。

 

一見これは、最良だなと思うのですが
だからこそ、きっと「生き方」に迷う人続出、書店にそういうコーナー続出、
なのだろうなとも思います。

 

職業が決められていたなら、人生の道が決められていたなら
「迷う・迷わない」でなく
「そうするしかない・やるしかない」。

 

もちろん、その中で迷うことは多々ありますが
良い・悪いではなく
ドイツのように?そういう生き方もありなのかなーとも思います。

 

…ゲームから離脱して、思うことを徒然書いてみました。
2048クリアの検討を祈ります。

 

このゲームをする人には、こんなゲームも向いています/h5>

>>彩独2(Blendoku2)攻略/ちょっと変わったパズルゲーム

 

メニュー

文字をクリックすれば攻略ページに飛びます。

 

>>2048攻略/基本的知識

 

>>2048攻略/攻略方法

 

>>2408 ゲームのコツ

 

>>4096を作るためのコツ・攻略方法

 

>>2048攻略/まとめていた時の感想

 

>>2048模倣ゲーム1

 

>>2048模倣ゲーム2/もはや数字でもない模倣ゲーム達

 

>>2048 派生ゲーム《まだまだアリます》

 

>>「ワイプアウト 2048」と「2048」の関係

2048攻略/まとめていた時の感想

※このページの内容は、ゲーム内容とは関係ありません。

 

少し前にゲームの攻略法を紹介しましたが、
最後の動画付きの攻略法はかなり再現性の高い攻略法になっています。
紹介した3つの基本的なルールを守って何度もトライすれば
遅かれ早かれ、じきに攻略できるのではないかと思います。

 

それ以外は単体のコツのようなものでしたが、
最後の攻略法は、ルール制限が3つありました。
「↑」は使わないこと、4列目を埋め、4列目で勝負にかけること。

 

一つだけの決まり事よりも、決まり事が多くあった方が
攻略する側としては、「楽」です。
選択肢に迷わないから。

 

一般的に人は、制限があればあるほど、選択肢に迷わないで「済み」ます。
選択数があらかじめ絞られていれば、迷う数が減るのは、当たり前の話です。

 

「制服」が良い例です。
毎日着るものが決められているので、「何を着て行こうか」と迷うことはありません。
せいぜい、夏服と冬服の移行期間に二者択一で迷うくらいかと。

 

でも休みの日や大切な人と合う日には、大体の人は着ていくものに「迷う」訳です。
選択数が多いから。

 

長袖半袖、黒か白か、はたまた青か。
素材はどっちがよいかな、小物はつけるほうが印象いいかな。
袖をまくるほうがよいか、そのままが良いか…。

 

その選択肢の多さを、「迷い」を
”楽しみ”と感じてオシャレを楽しみ自分を良く見せられる人もいれば
”苦痛”と感じ、実際以上に良くない印象を与えてしまう人もいます。

 

人の「生き方」然り。
現代日本では、「一応は」生き方の自由が認められています。
職業選択の自由、結婚の自由、学校選択の自由…。

 

一見これは、最良だなと思うのですが
だからこそ、きっと「生き方」に迷う人続出、書店にそういうコーナー続出、
なのだろうなとも思います。

 

職業が決められていたなら、人生の道が決められていたなら
「迷う・迷わない」でなく
「そうするしかない・やるしかない」。

 

もちろん、その中で迷うことは多々ありますが
良い・悪いではなく
ドイツのように?そういう生き方もありなのかなーとも思います。

 

…ゲームから離脱して、思うことを徒然書いてみました。
2048クリアの検討を祈ります。